お得

初心者も大丈夫、ヤフオクの5つのコツで賢い節約(入札編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ヤフオク

こんにちは。

舛添前都知事が、「ymasuzoe」というアカウントでヤフオクで美術品を購入していた、というニュースに驚いた人も多いのではないでしょうか。

ヤフオク(Yahooオークション)って、以下のようなイメージを持たれてる人もいると思います。

  • 中古品
  • リスクが高い
    (粗悪品をつかまされる可能性や、代金を支払っても商品が届かないなど)
  • 貧乏人のすること
  • やりとりが面倒
  • Yahooプレミアムの費用(月額462円)が高い
    ※落札のみなら殆どの商品で加入は不要

正直、Amazonなどより面倒で、多少のリスクもあります。
しかし、出品者の評価を見たり、説明をよく読めば、良し悪しはある程度わかります。

例えば、「ジャンク品」と明記されている商品は基本、「不良品(ゴミ)」なので、安いですが、正常な動作を期待してはいけません。
そのような出品は、部品取りなどの特殊な目的以外、入札しなければいいのです。

私は出品も落札もヤフオクを良く利用していましたが、最近は中止しています。

出品を利用しなくなった一番の理由は、出品しない時に、Yahooプレミアムの費用がもったいないことです。
また、落札された場合、システム利用料が発生します。
税込8.64%(送料落札者負担で624円以下は税込54円)

落札で利用しなくなった一番の理由は、Amazonと比べて、それほど安くないし、手間がかかる、ということです。

ただ、舛添前都知事のような方が、正直利用しているとは思いませんでした。
美術品の場合、サザビーズなどのオークションが有名なのですが、ヤフオクだと贋作をつかまされる可能性もありますし、たいした物がないのかなって思ってました。
そう思って、検索してみると、結構いろいろ出品されているようです。

見るだけでも楽しいですし、海外の人に安い日本画のコピーを渡す、などや、額縁などの画材を購入する、といった使い方でしたら、アリだと思います。

そこで、まだ使ったことがない方に、その方法やコツをお伝えします。

入札の方法

15歳以下、中学生以下の方は参加できません。

(1)Yahooアカウントを持っていない方は、まず作成する必要があります。

(2)自動車、オートバイ、船体、不動産などへの入札は、Yahooプレミアム(月額462円)の加入が必要です。
   それ以外の入札は加入不要です。

Yahooプレミアム加入は、Yahooのサイトから、個人情報や、引落し口座情報などを登録する必要があります。
詳しくはこちら
どうしても必要になってからの加入でいいと思います。
ただし、日割りが出来ないので、月初から加入するほうがお得です。

(3)自分のYahooアカウントにログインし、ヤフオクのページから、欲しい物を検索、入札します。

商品のページは必ず、細かく見てください。でないと、ジャンク品や高額の送料など、知らなかったという事態になります(コツ2参照)

(4)見事落札できたら
ヤフオクから、おめでとうございますとメールが送られてきます。
そのメールの文中に、出品者のメッセージが含まれている場合がありますので、よく確認しましょう。

落札後のやりとりについて

落札後のやりとりは、昔からのやりかたと、ベータ版という最近出来た方法があります(ややこしいです)

・昔からのやり方

(1)出品者が、落札のお礼と、氏名、連絡先、送付方法や支払い方法を連絡する

ヤフオク

出品者の文例 出典:http://aucsensee.blogspot.jp/2013/07/blog-post_28.html

  ※最初に落札者からはじめる場合もあります。

   (文例)出品者の●●です。このたびは落札ありがとうございます。
    短い間ですが、お取り引きよろしくお願いします。
    つきましては、送料を計算致しますので、そちらの送付先や連絡先、希望する送付方法
    (ゆうパック、ヤマトのいずれか)、振込方法(郵便局、**銀行のいずれか)を御返信ください。
    よろしくお願いします。

    〒123−4567  東京都*****  03−1234−5678   しい たかし

(2)落札者が、氏名、住所、連絡先、希望の送付方法(あらかじめ指定されている場合もあります)、希望の振込先(あらかじめ指定されている場合もあります)を書いて連絡する

ヤフオク

落札者の文例 出典:http://aucsensee.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html

   (文例)今回落札しました○○です。お取り引きよろしくお願いします。

     氏名
     郵便番号、住所
     連絡先
     希望の送付方法:ゆうパック
     ・・・出品者が指定した方法の中から、送料が一番安い方法などを考えて選択します
        
     希望の振込方法:郵便局
     ・・・出品者が指定した方法の中から、振込手数料が安い方法などを考えて選択します
     (郵便局に口座をもっているので、とか、金額的にYahooかんたん決済が一番安いので、など)

(3)出品者が、落札者の住所を確認し、送料を計算し、合計額を連絡する

   (例)落札価格が1000円、消費税は不要(説明に明記されています)、送料が東京→大阪で500円の場合:
     1000+500=1500円

   また、銀行振込等の場合、振り込んでもらう口座も連絡します。

   (文例)○○様 ご連絡ありがとうございます。
     東京から大阪までの送料は500円になりますので、合計1500円を下記にお振り込みください。
     *銀行 ××支店 普通 12345678    シイ タカシ

(4)落札者が、出品者に代金を振り込み、入金完了の連絡をする

ヤフオク

支払完了連絡の例 出典:http://aucsensee.blogspot.jp/2013/07/blog-post_19.html

   (文例)銀行に1500円振込ましたので、ご確認後、発送のほどお願いします。

(5)出品者が、入金を確認し、連絡する。

ヤフオク

入金確認の例 出典:http://aucsensee.blogspot.jp/2013/07/blog-post_29.html

   (文例)このたびは入金ありがとうございました。明日発送致します。

(6)出品者が商品を発送し、連絡する

ヤフオク

商品発送の例 出典:http://aucsensee.blogspot.jp/2013/07/blog-post_3990.html

   (文例)ゆうパックで発送しました。お問い合わせ番号は1234-5678-9123です。
     受け取りましたらご連絡ください。

(7)落札者が商品を受け取り、確認、出品者を評価する

ヤフオク

評価の例 出典:http://aucsensee.blogspot.jp/2013/07/blog-post_27.html

   もし、商品に不明な点があれば、評価する前に問い合わせましょう。(コツ5を参照ください)

・・・ここまででわかりますように、ヤフオクの取引は非常に手間と、リスクを伴います。詳しくは、こちらを参照ください。

  Yahooも、振り込んだのにお金が届かない場合、保障する制度がありますが、警察に被害届を出したり、その適用条件が厳しいので、リスクがあることは変わりません。

ベータ版、新方式の場合

出品者はあらかじめ自分の情報を入力しておき、落札時にヤフーからメールされます。

ヤフオク ベータ版

(1)落札者が、規定のフォームで送付先を入力、送付方法を選択入力する。

ヤフオク ベータ版

(2)(送料が未定の場合)出品者は、送料を計算して、規定のフォームに入力する。

(3)落札者が、支払いと支払い完了連絡を規定のフォームでおこなう

ヤフオク

(4)出品者が入金確認後、商品発送連絡を規定のフォームでおこなう

(5)落札者が受け取り連絡をする

(6)落札者が評価する

いちいち挨拶や内容を、文章で送らなくていいので、かなり簡略化されました。
しかし、この仕組みがあまり浸透していないので、相手が旧のやり方で行う場合もあります。

詳しくは、取引ナビ使い方ガイドを参照ください。

入札のコツ

(コツ1)まずは、入札せずに、同じ商品が複数の方から出品されているか検索しましょう。

急いで欲しい場合は、並び替えで、「残り時間の短い順」にします。

(注意)急いで欲しいといっても、Amazonなどと異なり、相手とやりとり、入金し、相手が都合のいい時間に入金確認、発送をしてもらう必要があります。

例えば、出品されている方が会社員の場合、あなたの入金確認後、夜に自宅に帰ってからコンビニで発送し、コンビニの集荷時間を過ぎているから、翌日に配達を開始、などというのはよくあります。

最短でも、商品が届くまでに約1週間はかかりますので、それより急ぐ場合は、ヤフオク以外の他の手段をおすすめします。
それほど急がない方は、「現在価格の安い順」にしましょう。

但し、現在価格が1円の商品は、安く見せたいために1円からスタートしているだけで、最低落札価格が設けてあったり、終了間際に価格が安いままだと、突然出品をキャンセルされたりするので、気をつけましょう。(コツ3参照)

特に、欲しい商品を入札していて、終了間際に突然出品をキャンセルされると、非常に腹が立ちます。
出品者には出品取消システム利用料がかかりますが、入札者に対する補償は無く、Yahooは入札者を保護しないからです。

(コツ2)商品の説明文は、隅から隅まできっちり読みましょう。

商品のページは必ず細かくチェックしてください。
写真は、実物よりよく見えることがあるので、あまり当てになりません。(特に中古品)

商品に「ジャンク」と記載されていれば、それは「ゴミ」ですので、そのまま使用はできません。
値段の安さにつられて入札し、使えるのではないかと思って、失敗することがよくあります。
(その場合、出品者に返品はできませんので、あなたがジャンクとして出品するか、あきらめてください)

ジャンクとして記載されていない場合でも、殆どの商品が返品不可になっています。
出品前によく判断する必要があります。

新品でも、家電であれば通常は保証が聞きますが、ヤフオクで買った場合、保証書がついていないことが多いです。

また、商品は300円で即落札できるが、送料が2000円とか、異常に送料が高い場合があります。
そういう商品は送料に商品代が含まれていて、見た目を安くしているだけです。
出品ルール上はまったく問題ありませんので、よく読まなかった貴方が悪い、となりますので注意してください。

(コツ3)人気のある商品は、「終了日時間際に初めて入札」、人気薄の商品は、「最初から入札」

1円などのあり得ない価格で出品しているのが多くありますが、最低落札価格が設けてあったり、終了間際に値段がつり上がったりしますので、その値段で落札できることはまずない、と思ってください。

そういう商品や人気のある(既に入札件数の多い)商品は、終了時間ギリギリ(残り1分前とか)まで待って、入札しましょう。
他の入札者に、ライバルは少ないと思わせ、価格がつり上がるのをなるべく防ぐためです。
但し、相手側も同様の対応をしてきますので、実際には残り1分とかで、急に値段が現実的になり、終了時間が延長されたりします。
その場合、(コツ4)にある、落札相場をあらかじめ調べておくと便利です。
相手と競り合って、思わず高い値段を付けてしまい、あとから「しまった」と思うことがあるからです。
落札相場を超えたら、他の同じ商品に入札しましょう。(滅多に出品されない物は別ですが)

但し、人気のない商品は、他の入札者が現れない可能性がありますので、早めに入札しておくと、思わぬ安値で落札できることもあります。
私も過去に、2000円以上はする新品の土鍋を、他の入札者がいなくて、最初の価格の500円で落札できたことがあります。

(コツ4)落札相場をあらかじめ調べよう

ヤフオクのほしい商品のカテゴリでで検索し、その落札価格をあらかじめ調べておくと、およその目安になります。
また、検索すれば同じ商品の同じ程度でも、値段にばらつきがあることがわかります。
それで、同様の傾向を予想することもできます。(あまり当てになりませんが)

(コツ5)商品到着後、すぐに内容をチェックし、不明点があればすぐに問い合わせ

もし、商品に不明な点があれば、評価する前に問い合わせましょう。
但し、「返品不可」で出品されていたり、初期不良のみ交換など、出品者の説明によります。(コツ2を参照ください)

基本的には、お互いに「非常に良い」を評価するようになっています。
もし、記載内容や条件と著しく異なっていて、出品者の対応がない場合は、「悪い」や「非常に悪い」と評価することができますが、悪い評価をつけてもお金が返ってくるわけではないので、その場合はしつこく連絡して、それでもダメな場合になります。

ですが、私はそのような悪質な出品にあったことがありません。
最初の入札前に見分けているから、もあるでしょうが、悪い評価がつくと、次に影響するのがわかっているので、出品者は誠意をもって対応してくれる方が多いです。

私が過去にあったのは、ノートパソコンを落札して電源を入れ、次に蓋をあけた瞬間、液晶が壊れて表示できなくなったことがありました。
その際は連絡して、着払いで返送、返金してもらえました。
おそらく、中古品で、もともとディスプレイが壊れたパソコンの部品を取り替えて出品していたのではないかと思いますが、いずれにせよ、被害はなかったです。

また、MacAirを落札した際、裏蓋のネジが一つ欠けていたので、問い合わせて送ってもらいました。
返品でも良いと伝えましたが、出品者は星形のネジが見つからないので、同型のMacを購入してネジを送ったそうです。

長くなりましたので、出品方法については次回。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*