娯楽

5名の脚本家が書いた映画「ズートピア」オススメします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ズートピア

映画「ズートピア」って?

©Disney

こんにちは。

ディズニー映画「ズートピア」、最近話題になっていますね。

もしあなたに、小学生以下のお子様やお孫様がいらっしゃれば、ぜひ、一緒に見ることをお勧めします。
もしくは、子供向けアニメ?などといった先入観を持たずに、素直に鑑賞できる方であれば、大人だけでも楽しめると思います。

どんな映画?

ストーリーはネタバレになるので、あまり明かせませんが、

・さまざまな動物が暮らす人間のような社会。
大都会(ズートピア)と、田舎があり、肉食動物や草食動物が一緒に住んでいる。
科学の発展?により、肉食動物は草食動物を直接襲ったりはしないが、体力差もあり、肉食動物が社会の主役になっている。

・主人公は、小さなウサギの女の子(ジュディ)。田舎でニンジンを作っているウサギの両親・家族のもとに生まれた。

・ジュディは、警察官になるのをあこがれ、警察学校で草食動物初の警察官に合格、ズートピアに赴任し、詐欺師のキツネ(ニック)と出会い・・・

©Disney

緻密に練られた脚本

私は子供と一緒に見ましたが、映画のエンドロールで原作者が、5名も記載されてました。
私は、それほど映画を良く見るわけではないので、詳しくはありませんが、
通常の映画、邦画などと比べて、比較的大人数ではないでしょうか。

それだけ、緻密に練り上げられたストーリーが、現実の社会と「偏見や差別、夢と希望や努力」といったキーワードで対比し、見る人の心を打つようになっています。
少なくとも、お子様に見せて後悔することは無いでしょう。

私の場合は、映画が終わってから子どもに、「ジュディみたいに努力すれば、必ず報われるから!」って言ったら、「あ、そう?」と、あっさり聞き流されてしまいましたが ^^;

映像は、流行のCGアニメーションです。最近はCGの方が、低コストなのでしょうね。
日本語吹き替えの2D版で鑑賞しましたが、映画が終わってから、ジュディの吹き替えが上戸彩さんだったと知りました。
俳優、タレントさんの吹き替えって、意識して聞いてしまうところがあって私は嫌なのですが、とても自然に聞けましたよ。

最近、映画館に足を運んでいない方も、一度いかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*